コーヒーを作り始めるのに必要な道具について【初心者向け:器具編】

コーヒー

コーヒーを自分で作り始めたいけど、何買えば良いの?

というか、サイフォンやドリップで淹れるってなに?

今回は、友人からこのような相談を受けたので、コーヒーを作り始めるにあたって必要な器具や初心者におすすめするコーヒー器具についてお話ししていきます。

実はコーヒーを抽出する方法によって、難易度が大きく変わります。また、抽出方法によって道具も変わります

この記事では、初心者に向いている器具を紹介します。そのため、初心者に向いていないものは紹介する予定はありませんのでご了承下さい。

コーヒーを淹れるまでに必要な器具【初心者向け】

今回は焙煎するところは、初心者のための記事のため、省略します。コーヒー豆は焙煎した状態を想定しています。

今回は私が普段、コーヒーを抽出している方法、「ペーパードリップ」「フレンチプレス」について説明していきたいと思います。

ドリップによるコーヒーの抽出

コーヒーをドリップで抽出するまでの過程で使用している器具はこちらです。

  • クッキングスケール
  • コーヒーメジャースプーン
  • コーヒーミル
  • ペーパーフィルター
  • ドリッパー
  • コーヒーサーバー
  • ドリップポット

クッキングスケール

 クッキングスケールは、コーヒー豆とドリップの際の水の量をはかります。

 はかるだけでしょと思うかもしれませんが、実はこれが大事だったりします。料理の際も調味料大さじ3杯入れて下さいみたいな感じでレシピにかいてありますよね。コーヒーを抽出するときもしっかりはからないといけません。コーヒーの味をより深く知るために必要な過程ですので、とばさずにしっかりはかっていきましょう!

コーヒーメジャースプーン

 これはコーヒー豆をはかる際に用いるスプーンです。これですくってクッキングスケールで、コーヒー豆をはかります。

 これは別にスプーンでも良いのですが、コーヒー用のスプーンの方がコーヒー豆を多く入れることができるので便利です。

コーヒーミル

 コーヒーミルでは、コーヒー豆をごりごり挽いていき、コーヒー粉にしていきます。コーヒーミルには、自動と手動のものがあります。私個人としては手動でゆっくり挽いていったほうがよいと考えています。

 ちなみに、挽き方にも5種類あります。それぞれに味や器具、抽出方法が異なるので、気をつけましょう。ちなみにドリップの場合は、中細挽きをおすすめします。

ペーパーフィルター

 ペーパーフィルターは、ドリップするときに使用します。ペーパーフィルターは、コーヒーの雑味や油分をろかさせることができます。その結果、すっきりとした味わいにすることができます。

ドリッパー

 ドリッパーは、コーヒーの粉をフィルタにセットする器具です。セットして、お湯を注ぎ、ドリッパーの底にあいてる穴から、雑味や油分をろかしたコーヒーが抽出されます。

 ドリッパーには、「円錐型」、「台形型」があります。型や溝によっても味が変わるので注意しましょう。初心者のかたなら、台形型の方をおすすめします。なぜなら、円錐型は、お湯の注ぎ方でも味に影響を与えてしまします。しかし、台形型なら、円錐型と比べるとお湯の注ぎ方で味は左右されないので、はじめて抽出するかたにおすすめです。

コーヒーサーバー

 コーヒーサーバーとは、抽出したコーヒーを保存する容器です。コーヒーサーバーにも、商品によって違いがあります。私は普通のコーヒーサーバーを使用しています。

 ほかにも、保温性が高く、暖かいコーヒーをより長く楽しむことができるサーバーもあります。

 私はコーヒーサーバーに関しては、初心者におすすめというのはなく、各自の買うものでよいと感じています。

ドリップポット

 ドリップポットは、ドリップコーヒーをうまく入れることができる器具です。ちなみにドリップにおけるドリップポットは意外と重要です。

 なぜなら、お湯の注ぎ方で味が結構変化してしまうからです。

 ドリップポットは、お湯の注ぎ口がとても細くなっています。それは、コーヒーに注ぐときに上手に入れるようにするためです。ドリップポットは、お湯を入れるときに、自分でコントロールしながら入れやすくなっています。

 自宅でコーヒーを入れるときは必須のアイテムです。

コーヒープレスによるコーヒーの抽出

 次にコーヒープレスをする際に使用する道具です。

  • クッキングスケール
  • コーヒーメジャースプーン
  • コーヒーミル
  • コーヒープレス

ドリップコーヒーで説明したクッキングスケールとコーヒーメジャースプーンとミルは省略します。ミルに関しては少しだけ書きます。

コーヒーミル

 使用する用途はドリップコーヒーの際と同じです。

 しかし、フレンチプレスにて抽出するときは、中挽きが向いていますので、気をつけて下さいね。

 これだけは追記しておきますね。

コーヒープレス

 フレンチプレスはとても簡単にコーヒーを抽出することができる器具です。

 フレンチプレスの使い方としては、以下の手順で行います。

  1. コーヒーの粉をセットする
  2. セットした際に粉を平らにする
  3. お湯をゆっくり注いでいく(だいたい半分くらい)
  4. 10秒~30秒待つ
  5. 残りのお湯をいれる
  6. 2~4のステップも含めて4分~4分半待つ
  7. 最後に画像のある取っ手を下まで押す
  8. コップにコーヒーを注ぐ

 

特に初心者におすすめするコーヒーの抽出法

 私ははじめてコーヒーを淹れるなら、フレンチプレスをおすすめします。なぜなら、すごく手軽に作ることができるからです。それにつきます。

 また、もう一つの理由として、ドリップコーヒーと比べると、作業における味の変動が変わらないからです。なにがいいたいかというと、プロとアマチュアでもあまり差がつかないできになるからです。

しらす
しらす

はじめてコーヒーを入れるなら、手順が簡単な上に

おいしく作ることができるフレンチプレスがしらす的におすすめです!

まとめ

 今回は、コーヒーをはじめるにあたって、ドリップで作る場合とフレンチプレスで作る場合に必要な道具について説明しました。ドリップの前までは同じですので、抽出の道具だけ異なります。それぞれの道具をまとめていきます。

 ドリップの場合は以下の道具になります。

  • クッキングスケール
  • コーヒーメジャースプーン
  • コーヒーミル
  • ペーパーフィルター
  • ドリッパー
  • コーヒーサーバー
  • ドリップポット

 フレンチプレスは以下の道具が必要になります。

  • クッキングスケール
  • コーヒーメジャースプーン
  • コーヒーミル
  • コーヒープレス

 コーヒーを作る手法を知ることで道具を使い分けていきましょう。そして、コーヒーを作ることが楽しくなったら、新しい抽出方法を試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました