【コーヒーが苦手な人必見】コーヒーが飲めるようになる4つの方法

コーヒー

コーヒーって苦いし

後味が渋いんだよね….

それに酸味が強すぎて飲めないよ

 はじめてコーヒーを飲んだときにこのような経験をしたことはありませんか?私もコーヒーが苦手だった頃に、コーヒーを飲む人はすごいなと思っていました。私もはじめてコーヒーを飲んだときに苦手になり、一時期飲まなくなっていました。

 実は、コーヒーにも様々な種類がある上に、コーヒー豆の種類や、コーヒーの淹れ方次第で苦手を克服することができます。

 なぜなら、私も元々はコーヒーが苦手でしたが、コーヒーについて知ることで私も克服することができたからです。ちなみに私は、はまりすぎて、通信講座で資格をとるほどになってしまいました。

 …すいません。話がそれてしまいました。

 この記事では、コーヒーが苦手になる原因とコーヒーが飲めるようになる方法を4つ紹介します。そのためコーヒーが苦手なあなたに参考になると思いますよ。

 カフェでもコーヒーを楽しめるようになりましょう!

次の見出しでは、コーヒーが苦手になる原因について詳細に説明していきます。

コーヒーが苦手になる要因

そもそもコーヒーが苦手になる原因としては以下の2点が当てはまるのではないでしょうか?

  1. 缶コーヒーのブラックが苦くて飲めなかった
  2. 酸味や苦味の強いコーヒーを飲んで飲めなくなった

 結論からいうと、あなたがこれまでに飲んできたコーヒーが自分に合うコーヒーではなかったからです。

 実際に私がコーヒーをおいしいと感じたのは、学生の頃(18才)、教員が作ってくれたコーヒーを飲んでからです。それまでは、自分はコーヒーが飲めないと勝手に思っていました。私が飲めなくなった原因も、実は上の2つが原因なんです。はじめて飲むコーヒーで苦手意識がうまれると飲まなくなっちゃいますよね。私もそうでした。

 そのため、コーヒーを克服するためには自分に合ったコーヒーを見つける必要があります。

コーヒーをおいしく飲む方法

 コーヒーの苦手を克服するには、以下の4点を試してみて下さい。

  1. コーヒー豆から選ぶ
  2. はじめからブラックでスタートしなくてよい
  3. 自分でコーヒーを淹れる
  4. コーヒーメーカーの購入

特に、コーヒーに苦手意識が強い方は、1.と2.がとても重要だと思います。というか、3.は私みたいに、いけると思って、即断即決でコーヒー器具を買う人向けです汗

でも、自分好みにコーヒーをブレンドすることができるので、一番楽しくおいしく飲むことができ、私はおすすめです!

4.は、忙しいけど、家庭でも手軽に飲めるようにしたい方向けです。コーヒーメーカーは手軽が売りですからね。

それぞれのおいしく飲む方法について詳細に紹介していきます。

コーヒー豆から選ぶ

 コーヒー豆の種類やグレード(品質)を知ることです。

 なぜなら、自分に合わないコーヒーやグレードの低いコーヒーが、おいしいと感じるわけがないんです。人によって好みがあります。これはコーヒーにも共通していえることです。

 コーヒー豆には、大きく分けて「アラビカ種」と「カネフォラ種」という豆の品種があります。ほかにも種類はありますが、飲用目的は基本この2つです。

また、国ごとによって味や香りなどの特徴が変わってきます。

例えば、タンザニアのキリマンジャロというコーヒー豆は、酸味の強いことが特徴です。ほかにも、「モカ」、「マンデリン」など様々な種類があります。

また、あまり知られていませんが、コーヒーも鮮度が悪いと味に雑味や渋みが出てしまいます。そのため、その味が苦手な方も多いと思います。

ここであなたに伝えたいことは、自分がおいしいと感じるコーヒーの味を見つけることとコーヒーにも鮮度があるという点です。

 ※コーヒー豆にもおいしく飲める期間があります。豆なら冷蔵でだいたい1ヶ月くらいは持つと思います。気をつけて下さい。もしコーヒーの保存期間などが知りたい場合はこちらに記載しているので参考にしてみて下さい。

スタートからブラックを飲まなくてよい

みなさん、コーヒーというとブラックコーヒーが目に浮かびませんか?

そのため、コーヒーは苦い印象があなたの中にありませんか。コーヒーっていってもラテアートやカフェオレなどもちゃんとしたコーヒーの一種です。

それにブラックだからいいというわけではありません。ミルク砂糖を入れることにより味の変化を楽しむことができるのがコーヒーの楽しみ方の1つです。

私も普段、カフェに行くとブラックで注文しますが、半分ほど飲み終わったくらいに砂糖やミルクを入れています。味に変化があり、おもしろいからです。それに、ラテアートやカフェオレも普通に頼んで飲んでます。

つまりは、あなたには、たくさんのコーヒーを飲んでもらいたいです。

ブラックだけでなく、様々な種類のコーヒーを飲んだ上で自分に合うコーヒーを探してみましょう!ちなみに、私は本格的なコーヒー店でカフェオレを頼んだこともあります。そのとき一緒に来ていた友達からブラック頼めよ!?といわれました笑

自分でコーヒーを淹れる

これは、コーヒーが苦手な人にとっては敷居が高いかもしれません。苦手な人が、スタートでコーヒーを自ら淹れるのは、モチベーションが上がらないかもしれません。しかし、自分でコーヒーをブレンドするって聞くとかっこよくないですか?

 ….失礼しました

つまり、なにがいいたいかというと、自分でコーヒーをブレンドすることができるようになるので、自分の好きなコーヒーを見つけることができるのです!!!

実際に私はブレンドしてみて、自分は苦味が強めで後味がどっしりと残るようなコーヒーや、ロブスタ種が多めの独特な香ばしいさのあるコーヒーが好きであることがわかりました。

そして、初心者には難しくて作れないんじゃないかという不安があると思いますが、心配ありません。

初心者でも簡単にコーヒーを作れる方法はあります。

それは、コーヒープレスによる抽出方法です。

acworksさんによる写真ACからの写真

 フレンチプレスはコーヒープレスの一種です。今回はフレンチプレスによる抽出方法を紹介します。抽出方法の手順、以下のように行っていきます。

  1. コーヒー粉をプレスの容器に入れる
  2. お湯を半分くらい注ぐ
  3. 10秒~30秒待つ
  4. 残りのお湯をいれる
  5. 2~4のステップも含めて4分~4分半待つ
  6. 最後に取っ手を下まで押す

 この6ステップですね。

まとめると、粉をプレスの中に入れてお湯を入れて取っ手を押すだけです。手順に乗ってない注意としては、取っ手を押すときはゆっくり押すようにして下さいね。早く押してしまって、こぼれたり、容器を落としてわれたりしてはいけませんからね。

手順としてはこれだけです。ちなみに自分が作ったら、まずくなるんじゃないかという心配はありません。コーヒープレスは、取っ手で押すだけなので、均等にプレスしてくれます。そのため誰がやってもほぼ同じ味になります。つまり、コーヒープレスは初心者の方にとって最高の器具となってます。

 ドリップとフレンチプレスの必要な道具はこの記事で紹介していますので、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

コーヒーメーカーの購入

 これは自分でコーヒーを作るのが難しいと感じた方時間がない方にはおすすめです。水とコーヒー(粉やカプセル、豆など)をコーヒーメーカーのマシンにセットして、ボタンを押せば終わりです。作るまでの作業はこれだけなので手軽に作ることができます。そのためできるまでの時間は自分の作業をしながら待つことができるので、時間を有効活用することができますね!

 また、コーヒーメーカーの特徴やメリットなどの詳細については別ページで書いてあるので、こちらの方を確認して下さい。

まとめ:苦手を克服し、今後のコーヒーライフを

今回、コーヒーが苦手になる原因とコーヒーを克服するために大事なポイントとして4つ紹介しました。

コーヒーが苦手になるのは、自分に合ったコーヒーに出会ってこなかったからです。

コーヒーが苦手な人が飲めるようにする工夫は以下の4点です。

  • コーヒー豆から選ぶ
  • スタートからブラックを飲まなくてよい
  • 自分でコーヒーを淹れる
  • コーヒーメーカーを買う

 私は、コーヒーが飲めるようになる工夫の4点を意識して取り組んでいました。その結果、自分がどのような味や香りが好きなのかを知ることができ、コーヒーを克服することができました。

あなたも、コーヒーが飲めるようになる工夫を参考にしてコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました