これさえ見れば大丈夫|コーヒーメーカーのメリット・デメリット【購入前に確認を】

コーヒー

自宅で手軽にコーヒーが飲みたいなぁ

コーヒーメーカー、そろそろ買おうかな

本を読みながら、コーヒーを飲むような快適な生活を送りたい

今のコーヒーメーカーだと手入れが大変だから買い換えたいな

コーヒーメーカーを買うときに、このような悩みや葛藤をもったことはありませんか?

コーヒーメーカーを初めて買う人や買い換えがあるときに様々な機能を吟味した上で購入を考えると思います。私もコーヒーメーカーを買うときにどれを基準に考えるべきか悩んでいました。

実はコーヒーメーカーにもたくさんの種類があり、コーヒーメーカーの抽出方法で味や香りに変化があります。

この記事では、コーヒーメーカーを買う際の判断材料にしてもらうためにコーヒーメーカーのメリットとデメリットを話していきたいと思います。

なぜなら、コーヒーメーカーを買ってから、やっぱりなんか違うなってなってほしくないからです。一度買うと連続で買わないと思います。

そのため後悔なく、このコーヒーメーカーを買ってよかったと満足した状態になってほしいからです。

そのため、この記事を読んで購入の参考にしてくれると幸いです。

次の見出しではコーヒーメーカーのデメリットを紹介していきます。

コーヒーメーカーのデメリット

 まず、コーヒーメーカーのデメリットは以下の3点です。

  • 定期的なメンテナンス
  • コストが高い
  • 味の細かい設定

どんなに便利なものでも、デメリットというものがあります。そのためデメリットを知ることで購入の参考にしてみて下さいね。

定期的なメンテナンス

 コーヒーメーカーで作る場合、定期的に掃除をしてあげないといけません。コーヒーメーカーの機械によっては構造が複雑なものがあります。そのためメンテナンスが大変な機種が存在します。

しかし、新しい機種になるほどメンテナンスは楽になってきています。

メンテナンスは欠かさないようにして下さいね。放置すると、水垢ができてしまい、抽出しにくくなってしまいますからね。

 そのため、コーヒーメーカーを買うときはメンテナンスのしやすさを考慮に入れてみるとよいでしょう。

コストが高い

初期費用が出ます。初期費用のマシン代やコーヒー代など、そろえる際にお金が発生します。なので、コストを気にする場合、抽出するまでにかかる金額についても考えてみるようにしましょう。

しかし、個人的には初期費用はかけた方がおすすめです。その方がメンテナンスの簡単なもの抽出方法の細かい設定ができるなど手軽においしくコーヒーを飲むことができるからです。そうすると、今後のコーヒーを入れるときや入れた後がとても楽になります。

そのため、もし余裕があるなら高機能なものをおすすめします。

味の細かい設定

コーヒーメーカーでは、細かい味の調整ができません。自分で細かいカスタマイズすることができないからです。

しかし、コーヒーメーカーにも「サイフォン式」「ドリップ式」「エスプレッソ式」など様々な種類があります。また、豆の粒度の設定も可能です。ちなみに、豆の粒度というのは、よく聞く粗挽き、中挽き、細挽きなどのことを指します。

なので、自分が飲みたい種類のコーヒーメーカーをしっかり吟味して選ぶ必要があります。

コーヒーメーカーのメリット

 次にコーヒーメーカーのメリットについて紹介します。結論から言うと、私は生活の一部として、コーヒーを手軽に飲みたいならコーヒーメーカー一択だと思っています。それではコーヒーメーカーのメリットを紹介します。

 コーヒーメーカーのメリットとしては、以下の4点です。

  • 手軽にコーヒーを作ることが可能
  • コスパがよい
  • 保温機能がある
  • アイスコーヒーを作ることができる

手軽にコーヒーを作ることが可能

 手軽にコーヒーを飲めることはコーヒーメーカーの一番の強みであるといえるでしょう。用意するものとしては、水とコーヒー(粉やカプセルなど)です。この2つをセットして、ボタンを押せば終わりです。

 自分でコーヒーを作るときは、多くの作業をする必要があります。なので、そこがボタンを1つで作ることができるのはとても魅力的です。

 そのため、朝の仕事の準備などで忙しい際に、ボタン1つで手軽にコーヒーを飲むことができるのはコーヒー好きにたまらないと思います。

コスパがよい

普段からコーヒーを飲む方にとって、コスパがよいことはとても大きい魅力ではないでしょうか。

コーヒーメーカーを買う金額はかかりますが、それ以降は1杯のコーヒーがお手軽な価格で飲むことができます。

外でコーヒーを飲む場合は、コンビニなら100~200円で、カフェなら1杯300~1000円くらいです。しかし、家で飲む場合は、だいたい70円くらいで2~3杯飲むことができます。

また、仕事で外出するときは、家で作ったコーヒーを水筒に入れて出社することも良いと思いますよ。学生さんもコーヒーを水筒に入れて学校に行ってみてはいかがですか。

そうするだけでも日々の生活でも変化しませんか?

缶コーヒーを買うんじゃなくて、自分で作ったコーヒーを入れて飲む、他の人があまりしないから話の話題にもなるんじゃないでしょうか?

保温機能がある

 保温機能があるコーヒーメーカーもあります。保温機能のメリットとしては、温かいままにしてくれるので、時間がたっても温かいコーヒーを飲むことができます。

なぜ保温機能があるのかというと、コーヒーメーカーは1回で多く作ることができます。そのため、保温機能があると飲み余っているコーヒーもそのままの状態で維持することができます。

時間がたってから2杯目を飲んでも、暖かい状態なのでおいしく飲むことができますね!!

アイスコーヒーを作ることができる

 また、保温機能だけでなく、最近のコーヒーメーカーは、アイスコーヒーを作る機能も備えているコーヒーメーカーがあります。市販のアイスコーヒーと比べると、深みやコクのあるおいしいアイスコーヒーを飲むことができます。

 なので、季節に合わせて、アイスコーヒーやホットコーヒーを使い分けてみてはいかがでしょうか?

まとめ:

 今回は、コーヒーメーカーを買う際の参考に、コーヒーメーカーのメリットとデメリットについて話しました。

 コーヒーメーカーのメリット

  • 手軽にコーヒーを作ることが可能
  • コスパがよい
  • 保温機能がある
  • アイスコーヒーを作ることができる

 コーヒーメーカーのデメリット

  • 定期的なメンテナンス
  • コストが高い
  • 味の細かい設定

そのため、デメリットをある程度解消できるコーヒーメーカーを選ぶことが大事です!

 あなたもコーヒーメーカーのメリット・デメリットを知った上で購入してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました