初心者でも分かるコーヒーの保存方法と保存期間【豆と粉の場合の解説】

コーヒー

コーヒー豆や粉ってどう保存するのかな?

賞味期限書いてるけど、やり方かいてないしなぁ

少しでもおいしい状態で保存したい

コーヒー豆や粉の保存をするときにこのように感じていてませんか?

実はコーヒー豆や粉にも正しい保存方法があります。また、賞味期限とコーヒーをおいしく飲める期限は違います。

この記事では、コーヒー豆や粉の保存方法とおすすめの購入法について紹介します。

この記事を読んで、コーヒー豆と粉の保存について学ぶ事でおいしく飲めるようになりましょう。

コーヒーの保存期間

 コーヒー豆や粉の賞味期限はけっこうまちまちに表記されてますよね。例えばスーパーで売っているものは1年程度もつものが多いです。カフェやコーヒー豆を売っている店では、1週間から1ヶ月程度がおいしく飲める期限だといわれることが多いです。

ちなみに、コーヒー豆と粉では、賞味期限が異なってきます。粉の方が豆と比べて保存期間が短くなっています。その理由としては、空気に触れる表面積が増えてしまうからです。触れる領域が増えると、その分酸化が進んでしまいますので、コーヒーを入れたときに雑味が生まれてしまいます。

そのため、コーヒーの粉は豆よりも鮮度が落ちやすいため、豆よりも賞味期限が早くなっています。

しらす
しらす

少しでも長く保存したいならコーヒー豆を買うようにしよう!

でも、飲む回数が多くて、すぐになくなるなら粉でも大丈夫だよ

コーヒー豆と粉の保存条件

 コーヒー豆と粉の保存方法のポイントとして、以下の4つ挙げます。

  • 温度は常温または冷蔵
  • 多湿なところは避けよう
  • 密封容器を使ってみよう
  • 直射日光を避けよう

次の見出しからそれぞれのポイントを詳しく紹介していきます

温度は常温または冷蔵

コーヒー豆や粉を保存するときは、常温・冷蔵を使い分けて保存するようにしましょう。

短期的な保存の場合は常温で問題ありません。しかし、室内温度が高温の場合は冷蔵庫に入れるようにしましょう。

長期的な保存の場合は冷蔵保存を行うようにして下さい。ただし、温度差で水滴が付着することがあるので気をつけて下さいね。

高温のところでは酸化スピードが速くなってしまいます。なので、夏季のときは保存する場所に気をつけましょう。

多湿なところは避けよう

次に多湿なところに保管しないようにすることです。コーヒー豆や粉は乾燥しているため、水分を周りから吸収しやすい食品です。

そのため多湿なところで保管してしまうと本来の味や香りが雑味で消されてしまうことがあります。そのため、多湿なところは避けるようにしましょう。理想としては風通しがよく、湿度が高くないところがおすすめです。

そのため冷蔵庫で野菜室などがある場合は、そちらの方に保存してみてはいかがでしょうか。

密封容器を使ってみよう

保存するときに、密閉容器やジッパーを使うことをおすすめします。理由としては、コーヒー豆や粉をできる限り、空気に触れないようにするためです。

空気(酸素)にふれると、酸化が進んでしまいます。そのため密閉することができるものにコーヒー豆や粉を入れて保存しましょう。そうすることで少しでも酸化の進みを遅くすることができるため、保存期間が長くなります。

直射日光を避ける

直射日光を避けることも重要な保存方法の1つです。コーヒー豆や粉は光に対しても敏感に影響を受けます。その結果、コーヒーの品質が落ちてしまいます。また、部屋の光にも弱いため、保存場所には気をつけるようにしましょう。

しらす
しらす

コーヒー豆や粉はとても繊細な食品なんだ

だから、保存方法1つで味が大きく変わるんだ!!

最低限、二つ以上の保存方法を重ねてやるようにしよう!

保存を考えたコーヒー豆と粉の購入とおすすめの保存方法

次に保存条件を知った上でコーヒー豆や粉のおすすめの購入法と保存法を紹介します。おすすめする方法としては以下の3点です。

  • こまめに購入
  • 乾燥剤や冷蔵保存
  • 密閉できるようにする

こまめに購入

コーヒー豆や粉を定期的に買っていくことをおすすめします。買いに行くのが面倒だと感じるかもしれませんが、コーヒーをおいしく飲めるようにするのなら、これが一番だと考えます。

長期的に飲めるようにするために大量に買ってしまうと味や香り、風味の品質が落ちてしまうため、おすすめできません。また、正しい保存方法で保存していないと、おいしく飲める期限が短くなってしまいます。

そのため、購入の時には保存方法などを考えた上で購入するようにしましょう。

乾燥剤や冷蔵保存

次に乾燥剤や冷蔵保存をすることをおすすめします。なにより乾燥剤はコーヒー豆の保存には最適であると考えています。どうしても保存している容器に湿度(水分)があります。そのため、乾燥剤を入れて、容器の中もできる限り乾燥状態にしておきましょう。

結果、中の密閉空間では水分が含まれにくくなるため、保存期間が多少長くなります。特に乾燥剤の併用は冷蔵保存におすすめです。冷蔵保存の場合は、水滴が発生しやすいため、乾燥剤を活用していきましょう。

密閉できるようにする

密閉できる容器を用いてみましょう。例を挙げると以下の2点です。

  • ジッパー付きの袋
  • 保存缶

これはあくまでも一例として出しました。

 ジッパー付きの袋を使用する場合は冷蔵保存や常温保存をするときに適しています。空気を抜き、袋の中は密閉されているので、高温多湿で光が当たるところをさけて保存することを考えると、ジッパー付きの袋は冷蔵庫や常温保存で保存が最適であると思います。密閉されているので酸化を少しでも遅くすることができます。

 次に保存缶についてです。保存缶は常温で保存するときに用いるのが適してます。特に保存缶でも遮光性のあるものを選びましょう。そうすることで密閉性と遮光性のある状態にすることができます。ただ、密閉はすることができても、保存缶の中の空気を抜くことができません。そのため、私のおすすめはジッパーの袋と併用することです。コーヒー豆や粉をジッパーに入れてから、保存缶に入れます。そうすることである程度の空気を抜くことができ、密閉性が保たれます。

コーヒーの保存方法を知り、購入してみよう

今回はコーヒー豆や粉の保存可能な期間と保存方法、購入方法を紹介しました。

コーヒー豆や粉の保存期間としては1週間から1ヶ月半を目安として考えましょう。特に粉の場合は期間としては長くても1ヶ月までに飲むようにしましょう。豆の場合は正しく保存している場合、1ヶ月半までに飲むことをおすすめします。

 以下3点が、コーヒー豆や粉の保存条件となっています。

  • 温度
  • 湿度
  • 空気(酸素)
  • 光(紫外線)

おすすめの保存方法としては、乾燥剤を使用したり、ジッパー・保存缶を用いたりすることで、保存条件に該当するように保存しましょう。

また、購入するときはこまめに買うように心がけましょう。そうすることでおいしく飲める期間に消費することができます。

あなたの毎日飲むコーヒーを少しでもおいしくしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました